七夕まつり仙台は月遅れの8月7日前後です

七夕まつり仙台は月遅れの8月7日前後です。
あれれ? 7月7日が七夕ではないのですか?

sendai-tanabata

織姫様と彦星様が一年にたった一度デートする日が七夕と言われていますが‥
7月7日は梅雨が明け切らない頃なので、雨天か曇天が多い。

なぜ雨天が多い梅雨時に七夕まつり?

七夕の真実はその日付にありました。
もともとの七夕は太陰太陽暦の7月7日(時期として現在の8月7日頃)に祝っていたもの。
ところが、明治6年(1873年)から、太陰太陽暦ではなく
西洋式の太陽暦を使うようになったため、七夕も約1か月早い時期に祝う行事となってしまったのです。

現在、他の地域でも、仙台七夕まつりのように、
「月遅れ(太陽暦の8月7日)」に七夕祭りを行うケースが多いようです。

仙台七夕まつりは、優雅な日本古来の星祭りであるとともに、
その笹竹を使用した豪華絢爛な七夕飾りをあわせ持つ、日本一の七夕まつりとして
全国的にとても有名な行事となっています。

3つの七夕誕生秘話

7月7日は「七夕(たなばた)まつり」の行事は、中国も日本も歴史が長いので色々な説があり、
特に有力な候補は三つの説があります。

一つ目は「宮中の風習」
中国の技巧や芸能の上達を願って行われた乞巧奠(きっこうでん)という風習で、
「乞巧(きっこう)」は巧みを乞う、「奠(でん)」には祀る(神をあがめる)という意味。

奈良時代では、孝謙天皇という女性の天皇が技巧や芸能の上達を願って「乞巧奠」が行われたと言われています。
そうして、この習慣は宮中に広まり、糸や針の仕事を司る「織女星(織姫星)」が輝く「七夕」の夜、
宮中の女性達が御供え物をして、機(はた)織りやお裁縫が上手くなることを祈る女性の祭りとなりました。

二つ目の「星伝説」
中国で農作の時期を知るため行われていた天体観測で生まれたお話です。

中国の織女(しょくじょ)牽牛(けんぎゅう)の伝説で、織女と牽牛は夫婦なのですが、
仕事をせずに遊んでばかりいたので、1年に1日のデート以外は仕事、仕事の毎日を強制させられるというお話です。
昔の農民が「仕事、仕事」の毎日を哀れむために作ったのが七夕伝説の最初ではないかともいわれています。tanabata

三つ目は「棚機(たなばた)の風習」が重なったもの
最初の二つに古くから日本で神様に布を捧げる女性を信仰していた「棚機(たなばた)」と
呼ばれる風習が重なって、「七夕」の原型が誕生したと考えられています。

<終わりに>
空を見上げても、雨天や曇り空ではロマンチックなお星様は見えないですから
真実は1ヶ月遅れの8月が七夕なのかもしれません。

8月なら夏休みですし、1週間後には月遅れのお盆もやってきます。
遠く離れて生活している家族が、実家に帰って一つになる大切な習慣として、
七夕は温かくて素敵な風習の一つなんですね。

URL
TBURL
Return Top