マナー

お墓参りの仕方(仏教の場合)|マナーや作法

仏教の場合は、お線香をあげます。

1.お墓および周りをきれいに掃除するものを用意します。
※墓地や霊園に備え付けのものがある場合もあります。

ほうき ・お墓の周辺を掃き清めます
軍手 ・お墓の周辺の雑草をひきぬきます。
ゴミ袋 ・ゴミや、引き抜いた雑草を持ち帰ります。
雑巾 ・墓石を拭き清めます。
たわし(スポンジ、歯ブラシ)
・墓石についたコケなどを落とします。金属製たわしはNGです。
・ 墓石の 材質によってはタワシを使うと表面を傷つけてしまうこともあり、
スポンジや歯ブラシの方が適していることもあります。
バケツ ・雑巾やたわしなどの洗浄に用います。

お参りや供養に必要なもの・持ち物

※墓地や霊園で借りられる場合もあります。

手桶 ・墓石に水をかけ、洗い浄めます。
柄杓(ひしゃく)・墓石に水をかけるときに用います。
お線香 ・墓前に供えます。
ライター・ロウソクの点火に使います。
ロウソク・お線香の点火に使います。
お供え物・お花、お水、お菓子など。
お花の茎を切るハサミや、お供えを置くための半紙なども持参すると良いでしょう。

お墓参りの仕方が知りたい(仏教)|マナーや作法

2.手を洗い浄めます。

3.手桶に水を汲み、墓地に向かいます。

4.自分の家のお墓の前についたらまずは一礼します。両手を合わせて合掌します。

5.お墓と、お墓の周りの掃除をします。

【お墓のまわり】
・枯れた花が残っていれば取り除き、花立てをきれいにします。
・はずして洗うことができるものは、とりはずして洗ってもよいでしょう。
・周辺をホウキで掃き清め、雑草を抜きます。

【墓石】
・墓石にきれいなお水をかけて清めます。
・スポンジや柔らかいたわしを用いて汚れを落とします。
細かいところは、歯ブラシを使うと良いでしょう。
力を入れると石を痛めますのでやさしく汚れを落とします。

6.お墓がきれいになったらお線香を供え、
お花やお菓子などのお供えをし、拝礼をします。

・お花はお供えしたまま帰ることになるので、
あとで倒れないようにハサミで短かめに切ってお供えします。

また、造花は絶対に駄目です。造花は死に花です。
枯れない花を供えるということは、お参りに来る気がない意になります。
ご先祖様に対して失礼に当たってしまいます。

・墓石のてっぺんから手桶のきれいなお水をかけて清めます。

・お水を御供えする器(水鉢)があればきれいなお水を入れます。

・燭台があれば、ロウソクを立て、ロウソクにライターなどで点火します。
次に、ろうそくから線香の束に火をつけます。
炎(ほのお)が出てしまったら口で吹き消すのではなく、
手であおいで炎だけを消し、お線香の先端だけが赤く灯った状態にします。

・線香立てにお線香をお供えします。
(立ててお供えする、寝かしてお供えするなど、宗派によって異なります。
また、線香の本数も1本を立てる、2本を立てる、
1本を折って横に寝かすなどの宗派があります。)

・半紙または持参した器などの上にお供えをし、
お参りが終わったら持ち帰るようにします。

お供物(食べ物、飲み物)はお供えしたら、広い霊園なら、休憩所で食べてもいいし、
持ち帰り皆で食べると、それが功徳(供養)になります。
仏様にお供えした物を自分も頂きます。(共に養うで供養なのです。)

※供物をそのまま置いて帰るのはタブーです。

【合掌・拝礼】
・両手を合わせ、先祖や故人の冥福を祈ります。
・近況の報告をしてもいいでしょう。
・もし家族で参拝する時に、拝礼の順番を気にする場合、
血縁の濃い順から参拝しましょう。
・墓石がたくさんある場合には、古い祖先のお墓にもお参りします。

お墓参りの服装について

納骨や初盆などの法事法要に合わせてお墓参りをする場合には喪服(礼服や準礼服など)となります。
しかし、お彼岸をはじめ、ふだんの暮らしの中でご先祖に会いに行くお墓参りには、
決まった服装はありません。
但し、極端に華美な服装や香りの強い香水などは避けるのがマナーです。

郊外の霊園など、墓地が遠方の場合もあり、
事情によっては現地に行けないこともあると思います。
もし行けなくても、家で故人のことを思い、線香をあげるだけでも
立派なご供養になります。要は気持ちが重要なんです。

Return Top