大学入学

学ぶコツは慶應通信生が集う慶友会でつかむ

慶應義塾大学の通学過程なら、
大学に行けば学友に会えます。

勉強でわからないことがあれば、
すぐ質問することもできます。

しかし、通信教育課程で学ぶということは、
試験やスクーリング等を除けば
大学に通うことも少なくなります。

つまり通信教育の原型を考えてみると、
誰に相談するでもなく、テキストや参考書を利用して勉強し、レポートを提出する
ということになります。

これではレポートの書き方から迷い、
非常に心細い勉強となってしまいます。

それではあまりにも寂しいですし、
勉強がはかどるとも考えられません。

そこで、
これからお話する『慶友会』があるのです。

仲間が集う慶友会

そこで、全国各地に存在する通信教育課程の在学生が、自分たちの学習上の啓発を
目的として自主的に結成している学生団体、
人呼んで『慶友会』。

この名称を原型として、いろいろな名前の慶友会が北は北海道から南は鹿児島まで、
その数は50団体以上あります。

慶友会の存在価値

慶友会は,学生という共通の立場で
自分を受け入れてくれる場を提供してくれる団体組織です。

慶友会では、お得な試験対策を入手できるだけでなく、

そのアットホームな雰囲気は
「会員同士の結婚」や「夫婦揃っての卒業」など、ほほえましい話題もあります。

しかし、大事なことを忘れてはいけません。
学習を助け合うことが慶友会の本来の役割でありますが、1人で学習することも
学生にとって不可欠なことなのです。

入学時のきっかけを思い出してください。
なぜ、大学で学ぼうとしたのですか?

卒業という目標を達成された暁には
限りない充実感を味わえることを慶友会の先輩たちが言っています。

慶友会のメンバーになれば即学習できる?
というのではないことを承知していてください。

学習は助け合える部分とそうでない部分があります。

慶友会に属す前に一人の塾生であり、
一人の社会人です。

わからないことをわかるようにする作業を
最終的には自分でしなければなりません。
それを実感しつつ、
OBの多くが卒業後も「仲間」として
つながりを積極的に保っている現実があります。

このように「卒業」という言葉だけでは図りしれないものをつちかうことができるのも、
慶友会の魅力でもあるのです。

慶友会の活動

(1)毎月1回、定例会を行い、
個々の近況報告や勉強の進め方、
試験問題対策や科目別の勉強会を行います。

・あの先生のスクーリングは落とさない
・あの先生は出席をとる
・あの先生は試験問題を予告してくれる
・この科目はレポート返却が遅い
・この英文の訳はこの本に出ている
・この単位はスクーリングの方が容易
など、

単位取得に向けてのお得情報がいっぱいの例会です。

(2)試験に出された問題をその都度集め合い、
担当者を選任して「過去問題集」を作成します。

「過去問題集」こと通称「過去問」は、
科目試験を受けるにあたって受講生には
なくてはならない、貴重なお役立ち情報です。

「どんな問題が出るのか?」
試験勉強にヤマをはらなければならない、テキストの全てに目を通す時間がない
多くの受講生にとって、勉強の補助となるものです。

また、過去問を解いていくうちに自然とその教科の全体像を把握することができます。

(3)定例会では、時々卒業生を呼んで
「卒業へのアドバイス」があったり、
多くの卒業生が慶友会とともに学習に励み、学位を取得しています。

そのため、後輩たちが必ずや卒業できるようにと、進んでアドバイスして下さるのです。

卒業生による苦労話を交えた講演会は、
新入生は勿論のこと塾生の励みにもなっています。

(4)慶友会のレクリエーションは、
会員の親睦を深めるために随時企画され、
春はバーベキュー大会、夏はテニスや冬はスキー、
そして秋は通好みの温泉旅行まで、
様々なものが行われています。

それも集う仲間は、下は18歳から上は70歳までの仲間たちです。

普段机を並べる会社の同僚とはまったく異なる人々の集まりなので、
話題はつきません。

いろいろなレクリエーションを通して、
大学のテキストからは学ぶことのできない多くの学びをこのレクリエーションから
つちかうことができるのです。

●定例会や勉強会の後に食事会や飲み会を行います。
また、忘れてならないのは、科目試験後の飲み会です。

慶友会のたまり場には歴代の垂れ幕がその場所を示しています慶友会たまり場

科目試験会場や夏期スクーリングには、
各慶友会の”たまり場”を設けています。
試験前後にそこに集まり情報交換、
そして試験終了後はみんなで遊びに行きます。

それは、映画を観に行ったり、
遊園地で遊んだりすることもあります。

レポートや科目試験で疲れた心身を、
飲み会や遊びを通して学友たちが癒してくれ、
また、次のレポートや試験に頑張ろうという意気込みを得ることができるんです。

講師派遣制度

慶友会には、講師派遣制度があります。
これは各慶友会の活動地域に慶應義塾大学の教授や講師などを招き、セミナー、
講演会を開くことができる制度です。

こうして先生方と親睦を深め、
楽しい学習の機会を持つことができるのも
慶友会の特色です。

教員の許可のもと、1泊2日の泊りがけの講師派遣もあります。
そういうときは他の慶友会の方々も参加し、
先生とのフリートークが夜まで続くこともるんですよ。

素直に楽しいひとときです。

終わりに

慶友会は、学問だけでは学べない
多くの学びを経験させてくれる団体です。

ひとつ、とっておきの情報をお伝えします。

卒業への近道は、慶友会の役員になることです。
理由は何故なんでしょうかね???

Return Top