大学入学

大学通信教育は慶應がおすすめ

なぜ、通信教育がおすすめなのか。

まず、学費が安い
私が卒業した慶應義塾大学を例にすると、
入学するまでに支払う金額は120,000円だけです。(2016年度の場合)
慶應義塾大学入学手続き

さらに通信教育のメリットは学費だけではありません。

現在、いろいろな大学に通信教育が併設されていますが、私が卒業した慶應義塾大学の
通信教育ってすごいんです。

下記の2つの特徴が融合されているので、退屈しません。

性格や生活環境の異なる人々が肩を並べて
卒業という一つの目標に向かって進む姿は感動ものです。
自信をもって入学をおすすめします。

通信教育で学ぶ人のおもしろい特徴は2つ。

  1. 高校の新卒生徒よりも、
    社会人になってから入学する人が多い。
  2. 年齢18歳から70歳位までが、一緒に勉学に励んでいます。

%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%81%ae%e9%80%9a%e4%bf%a1%e6%95%99%e8%82%b2%e3%81%aa%e3%82%89%e6%85%b6%e6%87%89%e3%81%8c%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%812

この記事では、
慶應の通信教育の制度や特徴について
私が経験したことや、今でも役に立っていることを詳しく書いています。

どの大学の通信教育を受けようかと悩んでいるあなたに、とても役に立つことでしょう。

慶應義塾大学の通信教育は、
配本されるテキストに沿って学んでいきます。

でも、いきなりテキストを見ても、
どうやって学んでいくのか、
レポートはどういうふうに書くのか、
まったくわかりませんよね。

そこで、まず最初に、
勉強方法に悩む通信教育生をサポートしてくださる“慶友会”のお話からスタートします。

役に立つ慶友会

慶友会というのは、同じ大学の通信教育生の集まりです。

慶應義塾大学なので、総称は“慶友会”と呼ばれています。

通信教育の良いところは
夏の短期スクーリングと秋の夜間スクーリングを除けば、自分のペースで学習できる点です。

しかしその分、社会人と大学生という、
二足のわらじ的な自己管理が必要になります。

慶友会でやっていることは、
一言で言えば勉強会ですが、
英語の和訳を出し合ったり、
歴史の解釈方法を話し合ったり、
レポートの書き方を後輩に教えるなど、

教えたり、教えられたり、共に学ぶので
自己管理が自然と身に付いてきます。

通信教育の学び方は
与えられた勉強方法ではなく、
自分から学ぼうとしているからなのか
どこか勉強方法さえ違うように見えます。

慶友会の講師派遣制度

各地域の慶友会が大学の先生を招き、
セミナーや講演会を開くことができる制度があります。

人気のある先生は引っ張りだこ。

年齢差バラバラの通信教育生に話がつきなく、
先生自身の趣味を親睦会で見せてくれることもあります。

こうして楽しい学習の機会を持つことができるのも、慶友会の特色でしょう。

%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%8f%e5%ad%a6%e3%81%b6%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

楽しく学ぶスクーリング

通信教育といっても、
大学の卒業単位を取得するためには
スクーリング授業を受けなければなりません。

「勤め人だから、大学に通うなんてできないヨ~」なんて弱音はいりません。

貴重な有休や数少ない夏期休暇を駆使して
大学へ通うことの醍醐味は格別です。

発想の転換をしましょう。
もちろん、受講科目の全日程を消化することがいちばん望ましいですが・・

仕事をもっているとそうもいきません。

そこで、慶友会の情報が役に立つのです。

  1. 自分と同じ科目を受ける人がいるか
  2. この科目の先生は出欠をとるかとらないか
  3. 試験は資料の持込ができるか否か

などなど
様々な情報をスクーリング前に集めます。

どうしても出席できない日は、
同じ科目を受講する人に掛け合い、
あとでノートのコピーをさせてもらいます。

学生のみんなが100%出席できない事情を理解しているので、
同じ科目を学んでいる学友なら
快く受けてくださる人が多いです。

さらに、スクーリングで講義をしてくださる教員は、通学生に講義する教員と同じ人です。

なのに、教員自身の教える姿勢が違うと言われています。

その理由は、講義を受ける通信教育生の
目の輝きが違うらしいです。
受講科目に興味を持ちワクワクして学んでいるんですよね。

私も高校生のときは、目的も見つからず、
勉強する気にもならなかったのに、人間変わるものです。

教員の方でも、社会人の通信教育生に興味津々、スクーリングの試験後には
お食事会を設ける教員もおられるくらいです。

慶應大学通信教育生になったもう一つの理由

今、学歴より実力の社会であると言われます。

しかし、今でもその社会に入るための関所のようなものに、学歴の線引きがあるのです。

また、希望の企業に入れたとしても、
配属される職場が学歴によって左右されることは、よくある話です。

学歴不問といいながら、高卒というだけで
書類選考で落とされることは実際あります。

しかし、
就職の面接で、働きながら通信教育で学び大学を卒業したことを評価する企業人は多いです。

通信教育で学び大卒の資格を持っても
就職には役に立たないと思っていませんか?

通信教育も捨てたもんじゃないですよ。
意外と面接試験の効果は大きいようです。

私の経験ですが、
採用決定のスピードが速いですから。

ここでご紹介している「大学の通信教育」は
4年から最大12年かけて卒業を目指す大学です。

2~3ヶ月位だけ講義を受ける、社会人大学とは異なるので、
真剣さと楽しさがぜんぜん違います。
深みがあるんですね。

大学の通信教育の魅力はいくら語っても
語りつくせないくらいあります。

次回、通信教育でお友だちもできるお話をしますね。

Return Top