お正月飾りの処分方法は?

お正月飾りの処分方法を教えて?

鏡餅や門松などの、
お正月飾りをきれいに飾ったのはいいのですが、
はて?

ゴミとして出すわけにもいかず、
どう処分したらいいの?

お正月飾りの処分時期は、2通りあります。

一つは、6日の夕方に片付けます。
なぜなら翌日が、七日正月(七草の節句)になるからなんです。

もう一つは、14日にお正月飾りや門松を集めて焼いていますが、
地方により日付や方法が異なります。

近くの神社または役場に問い合わせて、
どんと焼(左義長)で、お焚き上げしてもらうのが望ましいです。

左義長(さぎちょう、三毬杖)とは、
小正月に行われる火祭りの行事。地方によって呼び方が異なります。

お正月飾りの処分方法は?

お焚き上げの意味は

門松やお正月飾りによって出迎えた歳神を、焼くことによって
炎や煙と共に天に帰られるのをお見送りし、
同時に一年間お守りしていただいた「おふだ」や「おまもり」の神様に
もとの座へお帰りいただき、感謝を申し上げることにあります。

古来よりこのどんと焼き(左義長)の火にあたると
その年は無病息災でいられると伝えられています。

※ 時々左義長の火の中に
「おふだ」や「しめ縄」と一緒に
おさい銭を入れていかれる方がおられますが、一緒に燃えてしまいます。

おさい銭は必ず拝殿の賽銭箱へお入れくださいね。

※鏡餅は神様のお供えです。
食べずに燃やすなどとんでもないことです。
お飾りのみお持ちください。

お正月にすることは

「年神様(としがみさま)」と「ご先祖様」を自宅に招き入れ、
おもてなしすることにあります。

初詣の本来の意味とは
家人は大みそかの晩から家にこもって身を清め、
新年が明けると同時に氏神様に詣でてお祓いし、
年神様、ご先祖様と相対することです。

戸口にはお正月飾りの門松を立て、
しめ飾りをし、
床の間を臨時の神棚としてお迎えし、
鏡餅をお供えします。

鏡餅は「蔵開き」の11日に下げて、
お汁粉、お雑煮等にして頂きます。

1月1日を中心とする正月を大正月、
15日を中心とする正月を小正月(こしょうがつ)といいます。

農村では農耕行事を中心に据えた小正月のほうを盛大に祝う所もあります。
秋田県男鹿半島の「ナマハゲ」は有名ですね。

小正月(こしょうがつ)にお餅を食べることで
向こう一年間の無病息災でいられると伝えられています。

また、カレンダーやいらないおもちゃなどを神社などに
持ち込まれても焼いていただけません。

焼いていただけないものは、
半紙に包み御塩を入れ、
感謝の念を持って、
各自治体の指示どおりに護美(ごみ)として出すのがいいと思います。

お正月飾りを処分をできないまま2月に

回収時期を過ぎてしまった正月飾り、
処分するのはどうしたらいいの?

古いお正月飾りは、
神社やお寺等では随時受け取ってくれるものです。
地元の大きな神社、もしくは菩提寺に問い合わせてみましょう。

Return Top