お得情報

旅館で浴衣の着方がわからない

浴衣の着方がよく分かりません。

今まで旅館に泊まった経験がないので
備え付けの浴衣をうまく着れるか不安。

浴衣の下は何を着たらいいの?
帯の結び目は前にくるの?後ろにくるの?
キレイに着るコツは?

自分で浴衣が着れたら、ステキですよね。
初めて彼氏とお泊りで温泉旅行に行くので可愛く決めたいです。

浴衣は左前(左側が前)に着ます。
その下はショーツとキャミソールだけでいいと思います。
浴衣はバスローブと同じ感覚で着て、ブラジャーはつけたりつけなかったり好みになります。

帯の結び目は後ろになるけど、
結ぶ方法は前で結んで右側に回して後ろにもっていきます。

そうすれば、帯の形もきれいに作れるし、着崩れもしないです。

旅館で浴衣の着方が分からない

浴衣について

実際には、温泉旅館にある浴衣と巷にある浴衣とは、作りが違います。

旅館にあるものは
幅のせまい帯と“着流し”と呼ばれるの浴衣がほとんど。
帯が細いので、前で蝶々結びにして右脇に留めておいても可愛いです。

ただ、巷にある浴衣を置いてある旅館も増えてきています。
帯は飾り帯が多いので、そのまま帯に刺せばいいです。
(飾り帯はリボン型に成型されていて、クリップが付いて
刺せるようになっています。ワンタッチで便利です。)

朝、浴衣がはだけているとき

目が覚めてから直します。

静かに布団に仰向けに寝て、着崩れを直し、
寝たまま紐を締めなおします。

通常の浴衣の着方について

襟の抜き方の基本

男性は抜かない
女性は抜く

女性の襟の抜き加減も、握りこぶし一つから多いか少ないかは
着物の格や着て行く場所や機会によって変わります。

TV雑誌等プロのモデルさんの浴衣姿を見ると必ず襟を抜いています。
その方が「美しい」からなの。

浴衣の美はえりあしを見せること。

着ているうちにどんどんえりあしの衣紋が少なくなっていくとき、
この直し方は、後帯の下から背の縫い目のところを強く引くことで
衣紋の調節が可能です。

トイレに行った際は鏡を見て衣紋を直しましょう。

一般の浴衣の着方のご紹介

旅館では簡単に着ることができても、
浴衣の着方を知っていると知らないとでは、
着こなしが違ってきます。

浴衣の着方は、意外と簡単。
チャレンジしてみてね。
何度か試していると、浴衣美人になれますよ?

着物の格

黒留袖→色留袖→訪問着→付け下げ→色無地・江戸小紋→小紋→紬となり、
浴衣は本来文字通り入浴後に羽織るバスローブのようなもので、家着でした。

なので、お祭りや花火大会が限度なのです。


まとめ

浴衣といっても温泉旅館にあるものと
一般に販売されている浴衣とは、作りが違います。

旅館にある浴衣の多くは
“着流し”という作りで、
バスローブのような着方で十分です。

なので、それほど着方にもこだわらなくてもいいのかも。
でも、そこでちょっと可愛く差をつけたいのが乙女心。

細めの帯は、前で蝶々結びにして
右回りで後ろにもっていくか、
右脇で留めても可愛いです。

花火大会に行く時に着る浴衣は?

購入した浴衣は着物の丈が長いので、旅館の浴衣のようにはいきません。

まず、足元の着物の裾の位置を決めてから、
腰ひもで、骨盤の上辺りで結びます。

襟元をきっちりと決めて、
伊達締めという帯の内側にくる平べったいひもで
ウェスト辺りに結びます。

これで浴衣の着方はほぼ完成。
あとは帯で美しくまとめるだけになります。

背中の蝶々のような形は
前側で形を作って右回りで後ろにもっていけばできあがり。

市販の飾り帯はリボン型に成型されていて、
クリップが付いて刺せるようになっています。
ワンタッチで便利ですよ。

浴衣はその美しい柄だけでなく、
襟の抜き方で着こなしも変わる、
とてもステキな文化なんです。

 

Return Top