ライフスタイル

まぶたのはれを治すダブル温冷法とは!?

まぶたがはれてしまい、目つきがすごく悪くなっています。

今日はとても大事な用事があるのに、
朝起きたらまぶたがパンパンにはれています。

これでは、どんなメイクをしても
まるで病人です。

まぶたのはれを即席に治すには
温めて冷やす“ダブル温冷法”があります。
どんな方法なのでしょうか?

ダブル温冷法とは

  1. 蒸しタオルをまぶた全体に当て、30秒そのままにします。
  2. 次に、よく冷やしたペットボトルを当て、同じく30秒そのまま。

これを2回ほど繰り返します。

すると、元どおりスッキリしたまぶたになります!

ふつう、まぶたがはれていると、
すぐに冷やしたくなりますよね。

ところが、
まぶたのはれというのは、むくみなので、
まずは温めるとむくみの原因である血行の悪さが解決します。
続けて、今度は冷やして血管と皮膚を引き締めます。

このWケアの繰り返しが重要なんです。
こんなに簡単なのに、意外と気づかない対処法です。

蒸しタオルを作る方法は、
タオルを水でぬらし、
ラップに包んで30秒、電子レンジで「チン!」すれば簡単です。

また、冷やす方法はペットボトルを利用しますが、
ペットボトルの代わりに、
タオルで包んだ保冷剤(アイスノンなど)でもOKです!
まぶたのはれを治すダブル温冷法とは!?

まぶたの炎症かも?

お化粧を頻繁にしていて、まぶたの炎症かもしれないと思ったとき

眼科などの医療機関を受診しましょう。
安心する上でも大切です。

目の病気には、次のようなものがあります。

●はやり目(流行性角結膜炎)
感染によるもので、まぶたの裏側にブツブツや充血、
まぶたのはれや、涙が出ます。

●急性結膜炎
ウィルス、カビなどの微生物、塵・ホコリ、ハウスダスト、花粉などへの
アレルギー反応によって、結膜に炎症が起こります。

●眼瞼炎(がんけんえん)
まぶたの辺縁で起こる炎症と、
まつげの付け根あたりや、目尻に炎症が起こることもあります。


まぶたがはれるなんて、
もし、大事なデート直前だったらまさに緊急事態!

眼瞼炎は、基本的にそのままにしておいても
自然に治ることがあります。

しかし、早急に対処しても、まぶたのはれがひかないとき、
「ただれ」や「うみ」があるときは、

治療を受けずに放置すると、炎症がひどくなって、
まつ毛の脱毛などもあるので、眼科にきちんと受診しましょうね。

コメントフォーム

*

Return Top