マナー

お中元の時期と気になるマナー

お中元の時期が統一されてきています。
関東では6月末~7月初め頃で、
それ以外の地域は7月初旬~8月初めということになっています。

しかし、デパートのお中元売り場で働いた人の口コミによると、
お中元は7月初旬から下旬くらいまでがピークで、

今は関東・関西の区別なく、
7月1日~7月中旬(土用の入りまで)の期間内に送ることが
一般的になってきているそうです。

お中元の時期の目安は7月1日~7月15日で梅雨明けです。

最近は8月にお中元が贈られてくることはまずなく、
企業の場合が関東に準じているのもお中元の時期に影響しているかもしれません。

時期を逸した場合は暑中見舞いや残暑見舞いとして贈ります 。

お中元とは

お中元は日頃お世話になった人へ、
感謝の気持ちを品物に込めて贈る夏の贈り物です。

贈り先としては、自分が日頃お世話になっていると思うところに贈ります。

例えば、以下の関係にあたる人などです。
親戚
両親・兄弟
友人
上司・仕事の取引先

お中元の時期と気になるマナー

贈る品物の値段

相場としては3000円~5000円くらいです。

ですがそれ以下の金額でも失礼とは思われないでしょう。

お中元は“感謝の気持ちを表す贈り物”なので、
金額よりも先方が喜びそうなものや、
体を気遣った品物など選ぶとむしろ嬉ばれます。

お中元の品は何がいい?

お中元の定番は
夏を感じさせる「そうめん・水羊羹・アイス券」+産地直送品などです。

他に、送り先の好みに応じて
「プレミアムビールや酒・ワイン」などです。

食べて・飲んで、美味しいものは、もらえると嬉しいですね。

注!:贈ってはいけないものとしては、
マットやスリッパなどは「踏みつける」を連想するので良くないようです。

表書き

水引は赤金の蝶結び。
表書きは上段が「御中元」または「お中元」、
下段が「名前」または「社名・代表者名」。

基本的に熨斗(のし)はつけますが、魚介類や肉等、生ものの場合にはつけません。

送り状

品物には送り状を添えましょう。
デパートなどで品物を選んで添えられなかった場合は
届く頃をねらって手紙やハガキで送ります。

身内など親しい間柄であれば電話を利用するのも良いでしょう。

仕事上の付き合いの相手の場合はビジネス文書です。

「いよいよ暑さも本格的になってまいりましたね。」や
「猛暑の候、貴社におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。」から始めます。

いつもお世話になっていることへのお礼をそのまま表したり、
その品物を選んだ理由などを書くと親しみが湧きそうです。

年に一回だけ贈りたい場合

お中元ではなく、お歳暮(12月)を贈るのがルールです。

お中元Q&A

結婚して1年が経とうとしています。
2~3日前に夫の実家にお中元を贈りました。

ところが、うっかりして妻(私)の名前で送ってしまいました。
それも、送り状も出さず、いきなり届いてしいます。
電話やメールでお中元のことをお伝えするのは失礼ですか?

恥ずかしがる事も心配する事でもありません。
お相手に届いたとき、お礼の電話があるでしょう。

まだ電話もなく気になるのなら、
暑中見舞い的にこちらから電話してみる方法もあります。
身内ということもあり、深刻に考えることもないです。


今のお中元は関東・関西の区別なく、
7月1日~7月中旬(土用の入りまで)の期間内に送ることが
一般的になってきています。

また、お中元は無しにして、
お歳暮だけの年一回に贈るというのも一般的なマナーです。

Return Top