マナー

結婚式のマナーと服装のとらえ方

結婚式にマナーがあることは分かっているけれど・・
どんな服装をしたらよいのでしょうか。
あなたは結婚式のマナーをご存知ですか?

結婚式に招待されたとき、
服装にはどんなマナーがあるのだろうか。

知っていると知らないとでは、
とんだ恥さらしを体験するかもしれません。

基本的に、準礼装、略礼装ともに、
スーツよりワンピース(ドレス)が格式が上になります。
昼間は肌をなるべく見せないアフタヌーンドレス、
夜は、胸元や背中が大きく空いたイブニングドレスでもよいことになっていますが、
昼間はNGです。

女性の場合

1.服の色や柄について

・白い服は花嫁さんの色なので、避けます。
・スリットが深すぎるスカートはNG。
・常に清楚な印象を意識して、ヒョウ柄ドレスは避ける。
・全身真っ黒や黒とグレーの組み合わせは、お葬式や法事を思わせるので避けた方が良い。

2.ドレスについて

・毛皮は殺生をイメージさせるので使用できません。
・ドレスは透けない生地で、膝が隠れる丈がいい。
・ドレスは単色無地が基本。織柄や刺繍・レースは生地と同色ならOK.
・バイカラーのドレスがNGとされていますが、
バイカラー(特に上下で生地の違うもの)が私服にも見えるから結婚“式”には合わない、
ということです。
同系色、ピンク+やや薄めのピンクというような色の組み合わせならいいと思います。

3.羽織り物について

・羽織り物はボレロかショール、
またはドレスと同色同素材のセットになったジャケットになりますが、
袖があるなら羽織り物はいりません。
・ファーだけでなく、ウール・カシミア・パシュミナ等のニットもマナー違反。
(ちなみに、ファーがNGなのは殺生だからではなく、
防寒着を室内でお召しになることが合わないこと、
そして、お料理に毛が混入する可能性があるからだそうです。)

4.アクセサリー・小物について

・昼間の披露宴では、金銀、宝石などの光物はつけないとマナー本にはありますが、
昨今では宴席に窓がなく、昼夜同じような宴会場では、光物もOKとする識者もいます。
・バッグは小振りのパーティーバッグで。「白」もバッグなどの小物ならOK。
ハラコ・ファー・クロコ・パイソン・ブランドロゴが目立つ物はNG。

・ストッキングは肌色の無地(ワンポイントや薄いラメ程度はOK)。
・黒のストッキングは喪服になり、柄ストッキングやタイツはカジュアルになるのでNG。

・靴は、パンプスかストラップ付きサンダルでもつま先の見えないものを。
・オープントゥをNGとするマナー本もありますが、
爪先が出てファッション的に変に思う人がいるだけでNGとまでいかないと思います。

5.ヘアスタイル他

・髪型は、顔に髪がかからないようにアップかハーフアップにすると華やかで清潔。
・披露宴は食事の場でもあるので、匂いのきつすぎる香水は周囲の迷惑になるので注意!
・西洋では、食事中に髪に触れることはマナー違反となります。

男性の場合

1.礼服であれば、白いネクタイ。
フォーマルスーツであれば、カラーシャツ+ネクタイでもOK。

以上、一般的に知られるマナーを取り上げてみましたが、
最近のマナーに変化はあるのでしょうか?

結婚式はあくまで新郎新婦が主役です。
「自分なりのお洒落」を競う場でないことは理解できると思います。

今の結婚式ではミュールをはいてくる人もいますし、
頭に大きな花飾りを付けてくる人もいます。
でも、
「マナー違反の格好をしている人がたくさんいるから、自分もそれでいい」という考えは
理由にはなりません。

色々な国に行き、色々な文化に触れてみると、
マナーが時代と共に変化していくことが必ずしも良いことではないことがわかってきます。

結婚式のマナーと服装のとらえ方1

結婚式とは

結婚式は神様の前で新郎新婦が永遠の愛を誓う神聖な儀式です。
楽しむというよりも厳かな気持ちで参加するものです。
それは時代の変化と関係ありませんし、
招待された人が普段できないおしゃれでハジケる場所でもありません。

結婚式には、同年代のお友達だけではなく、
新郎新婦のご親戚や職場の上司等、色々な年齢や立場の人たちが集まります。

必ずしも流行のファッションを知ってる人ばかりが来られるわけではないし、
「結婚式は質素で厳かに行われるべき」と考えている人もいるかもしれません。

そこで、百歩譲って「今のファッションはこうなんですっ!」と開き直ってみたとしましょう。
もし、そうなった場合、招待してくれた新郎新婦の品格にも傷をつけてしまいます。

こう考えると結婚式にお呼ばれするって、けっこう責任重大です。
だから大切な人しか呼ばないんです。

自分の身に置き換えると・・・色々と「マナーって大切」だとわかってくると思います。

堅苦しく考える必要は全くないけれど、
自分を招待してくれた人を気遣って、
TPOをきちんとふまえたおしゃれができることが、
一番スマートでステキだと思います。

結婚式のマナーと服装のとらえ方
フォーマル用品売り場で、シルバーのアクセサリーや
サンダルを置いているところがあります。

ショップの店員さんにしてみれば、極端なことをいえば「何でも売れればいい」訳ですから、
平気でマナー違反のものを薦めてきます。

もしそれで、新婦が新郎の親族から悪く言われることになっても、
店員さんは責任を取ってくれませんよね。


結婚式に招待された!と喜んだのもつかの間、こんな悩みが浮上しました。

どんな服装をしよう。
靴はどんなものを履いたらいいの?
結婚式のマナーって何があるの?

結婚式は神様の前で永遠の愛を誓う神聖な儀式。
楽しむというよりも厳かな気持ちで参加するものです。
それは時代の変化と関係ありませんし、
招待された人が普段できないおしゃれでハジケる場所でもありません。

自分を招待してくれた人を気遣って、
TPOをきちんとふまえたおしゃれができるとき、
一番ステキな人になれるのですね。

Return Top