ライフスタイル

父の日プレゼントのオススメはこれ!

父の日のプレゼント人気のクチコミを読むと
人気の表情がだいたいわかります。

たとえば、こんなお父さんって多いと思いませんか?

お父さんが出不精、外食嫌いなため、
食事に連れていく等は難しいとき、
普通に考えると一番喜びそうなものは“現金”となります。

しかし、それではストレートすぎますよね。

ネクタイなど物をあげても、
普段からネクタイをしない人なので喜んでくれるはずがありませんf^_^;)

以下は人気のクチコミベスト3です。
お父さんが喜んでくれるかしら?

1.抜け毛が減った育毛剤のプレゼント

お父さんの頭は、おでこは広く
お風呂上がりなど、髪の毛が濡れた時のボリュームを見ると、
日に日に髪の毛が少なくなっているのが気になっていました。

飲み薬なんですが、こんなクチコミがありました。

発毛診療医が監修した「ブラックサプリ EX」
ポツポツ出始めた白髪対策に服用したはずなのに、
意外にも、抜け毛が減ったのです。

いままで、髪の毛が抜けても、それが普通の抜け毛量と思っていたのが
ガクンと抜け毛が減ったので、
あれって、抜けちゃいけなかった分なの? という驚きがありました。

また、白髪染めで髪を傷めるよりもサプリで内側から健康的になる方がいいですよね。

いろいろ育毛剤が販売されていますが、洗髪とマッサージを普通にやれていれば、
育毛剤自体は、どこもそう大差はないのかもしれません。

それよりも、髪の毛の外側ばかり気にしないで、
体の内側から、髪の素となる栄養を補給できる方が大事なのではないかと感じています。

2.グルメギフト

例えば、お魚が好きなら干物セット、
お肉が好きならしゃぶしゃぶやステーキ、
甘いものが好きならスイーツ…

ちなみに私は父の日に、
オリジナルラベルが作成できる焼酎に、父の名前とメッセージを入れて送りました。
ネットで3000円程です。

ネットショップや商品の口コミなど参考に、
父親の好きな食べ物や飲み物に一工夫するのもいい。

3.焼酎またはウィスキーを贈る

【麦焼酎の場合】
麦焼酎「いいちこ」すっきりとしてクセがない、アルコール度数:25度(20度もあり)
または
〃 「百年の孤独」樽で熟成しているタイプ、アルコール度数:40度

もし、度数が高いものや、樽貯蔵のものが苦手な場合は、
「いいちこ」タイプを普段飲まれる方には、少し良いタイプを
贈られるのが、本来の選択からしてもベストだと思います。

・銀の星 Black 佐藤酒造 1.8リットル 約2800円
・宇佐むぎ 四ツ谷酒造 1.8リットル 約2200円
・くじらの黒麦 大海酒造 1.8リットル 約2200円

このあたりは、価格は高くはありませんが、
いいちこを普段飲まれる方には、違和感無く ワンランク上の味わい
感じてもらえるものです。

「百年の孤独」もいいと思います。
しかし、値段の変動があるので、
定価で買える場合のみオススメです。

【米焼酎の場合】
吟香 鳥飼(とりかい)
私は芋焼酎ばかり飲んでいますが、米焼酎も美味しいです。

【芋焼酎の場合】
・銀滴 王手門酒造 スパイシー
・薩摩盛 子鹿酒造 クセのないすっきりタイプ
・伊佐美 甲斐酒造 黒麹。プレミア焼酎です。

陶器に入った本格芋焼酎
・濱田屋伝兵衛 伝兵衛酒造 720ml 3600円

【ウィスキーの場合】
ウィスキーについてこんなステキなコメントがある。
「ひと粒の麦が、生命の水と呼ばれる、人間の生に欠かせないものに生まれ変わる。」
このミステリアスな異変が出来あがるのを、10年以上も待つ。
待って待って、ひたすら待って、やがて神の啓示を得る。
「麦はスコッチと成れり」先祖代々この繰り返し。

ほかに、真のウイスキーを作るノウハウはありません。時間が技術。待つ事が技術。
ちょっと、恥ずかしがり屋のお父さんに似ていませんか?

・バランタイン バランタイン社 750ml
・グレンフィディック ザ グレンフィディック 700ml
・ジョニーウォーカー黒ラベル
父の日プレゼントのオススメはこれ!

父の日のプレゼントのベスト3ですが、
やはり、髪の毛は気になるようです。

父の日のプレゼントにそのシンボルフラワーの薔薇の花束を贈ると
びっくりして、信じてもらえないかもしれません。

また、「家族そろって外食なんて、照れくさくて・・」
なんて言われるお父さんですと、話題の中心になるだけでも恥ずかしいのです。

今回、焼酎とウィスキーを一緒に並べてみました。
お酒好きにとっては、「なぜ、一緒にするの?」と思われるかもしれません。

でも、「父の日」のプレゼントに
お父さんが大好きなお酒を贈るには
同等にして、あなたの考えを入れて選んでいただきたかったからです。

プレゼントというものは、本当に喜んでもらうのがプレゼントですからね。
贈る側の自己満足ではありません。
お父さんが、貰った喜びより、飲んで喜ぶものを贈りたいですね!

Return Top