ライフスタイル

父の日と薔薇の花には意味がある?

父の日は6月の第3日曜日です。
この日、アメリカでは「父の日」として祝日になっています。
これにならって日本でも「父の日」になっていますが、
5月の「母の日」に比べると、認知度は今ひとつ。

でも、お母さんにプレゼントして、
お父さんに何もあげない、というのも不公平ですよね。

ちなみに、母の日のカーネーションに対して、
父の日のシンボルフラワーって何かご存知ですか?
実は薔薇なんですが、果たしてこれをご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょう?

父の日の始まり

父の日の始まりは
1910年、妻を亡くし男手一つで6人の兄弟を育ててくれた
父ウィリアム・ジャクソン・スマート氏に感謝したいと思った6人兄弟の一人、
ジョン・ブルース・ドット氏の夫人が母の日にならって
提唱したのが始まりと言われています。

アメリカでは父の日は1972年から祝日になっていて、
シンボルフラワーの薔薇はキリスト教ではイエスの血の跡に咲いた花とされ、
薔薇は神聖な花と考えられています。

母の日のカーネーションが、
イエスの死に涙した母マリアの涙の跡に咲いた花として、
象徴される花だったのに対して、
イエスの血の跡に咲いた薔薇は、天上の父なる神の愛を象徴するものとされたのでしょうか。
これは、憶測にすぎませんが・・・

アメリカでは、父の日も母の日も同じ頃に提唱され始めたのですが、
祝日化されたのは、大きな開きがあります。
母の日は1914年に祝日になったのですが、
父の日は1972年。なんと、58年も遅れての父の日も祝日になったのです。
日本でも「母の日」に比べると、影の薄い「父の日」ですが、
こうしてみると、本家のアメリカでもやや影が薄い存在なのでしょうか。

父の日の始まりは、母の日の始まりから遅れること3年ほどです。
父の日をつくろうとした理由の一つには、
「母の日があって、父の日がないのは男女同権の立場から不都合である」ということらしいのですが、
まるで感謝を押しつけているようで、お父さんは情けない思いをかみしめているかもしれません。
父の日の由来と薔薇の花には意味がある?
「母の日はお母さんに「ありがとう」と言うんだよ。
父の日?そんなものあるのか?いいよ気にしなくて・・」

薔薇の花のプレゼントをいただいたら、
お父さんはどんな顔をするでしょうか。
きっと、何事もなかったように、いつもと同じような日曜日を過ごすのでしょうね。

Return Top