ライフスタイル

京都の嵯峨野トロッコ列車に乗って自然に親しもう!

京都の嵯峨野を走るトロッコ列車は、
春夏秋冬四季それぞれに違った表情を見せる山間の渓谷に沿って、
ゆっくりとトコトコ走る、片道所要時間およそ25分の観光列車です。

京都市内もいいけれど、嵯峨野・嵐山には美しい自然があります。
嵐山、渡月橋のかかる桂川上流に位置する保津川渓谷は、
桜満開の春・新緑の夏・秋の紅葉・雪のちらつく冬へと
雄大でより四季の移りかわりの美しさをトロッコ列車が体験させてくれるんです。

トロッコ列車は保津川沿いの旧線を利用して、1991年に運転を開始した、
日本初の純粋な観光専用鉄道とされています。
(けいてつ協會『知られざる鉄道』(JTB、1997年)による)

運転はトロッコ嵯峨駅 – トロッコ亀岡駅間
トロッコ嵯峨寄りにDE10形ディーゼル機関車 (1104) を連結した機関車次位のSK300形は、
「ザ・リッチ」と称する側板や床まで素通しとした「特別車」です。
嵯峨野のトロッコ列車は5号車(「ザ・リッチ」)以外は、窓にガラスがはまっています。

【トロッコ列車とは】
トロッコ車両(走行中に外の景色を見やすくした鉄道車両)を連結した列車のことをいいますが、
荒天時に備えて、通常は普通の車両と併結しています。
トロッコ列車は各地のローカル路線において観光列車として大人気!

京都の嵯峨野トロッコ列車に乗って自然に親しもう!

※嵯峨野トロッコ列車は全席指定席です。
乗車券、指定席券のご購入はJR西日本の主な駅の『みどりの窓口』や
全国の主な旅行会社で購入することができます。
また、当日券は嵯峨野トロッコ列車各駅でも販売していますが、
あらかじめ近くのJRみどりの窓口で指定席券を購入した方がスムーズです。

お車で行く場合

トロッコ亀岡駅の前に、嵯峨野観光鉄道の駐車場があります。
駐車料金は1回500円で、時間制限はありません。
※トロッコ嵯峨駅にも駐車場がありますが、時期によって料金が異なります。

◆朝の8時30分頃に停められれば、終日利用可能です。
◆駐車台数は、おそらく40台前後だったと思いますが、
桜のシーズンの土日に稀に満車になること以外、おそらく停められると思います。

徒歩に不安な方へ

◆トロッコ嵐山駅で下りて、大河内山荘、落柿舎、常寂光寺、二尊院、野宮神社、天龍寺、渡月橋へ
歩いて行かれる方もいらっしゃいますが、
◆トロッコ嵯峨駅から人力車を利用するのも楽しいですよ。

トロッコ亀岡駅から保津川下り乗船場まで京阪京都交通バスが直通運行しているので、
嵯峨野駅からトロッコ列車でトロッコ亀岡駅に行き、
そこから遊覧船で保津川を下って戻ってくるのは京都の観光ルートの一つになっているんですね。

また、保津川沿いの道を京馬車が走っていますよ?

トロッコ列車の始発駅のトロッコ嵯峨駅は
JR山陰本線の嵯峨嵐山駅に隣接した、レンガ調の駅舎です。

入口のすぐ隣にはSLの設置された広場があり、
19世紀の技術展示のある19世紀ホールには、
日本最大級の広さと規模の、親子で楽しめる日本最大級の鉄道ジオラマ、
「ジオラマ京都JAPAN」があります。

懐かしいSLがかつての姿のまま保存・展示されています。
子どもから大人までみんなで楽しめるので、
列車の待ち時間があったとしても退屈することはないでしょう。

オリジナル商品満載のトロッコ駅ショップ

嵯峨駅、嵐山駅、亀岡駅のトロッコ各駅には、
様々なオリジナルグッズを販売する駅ショップが設置されています。
列車搭乗前のちょっとした腹ごしらえや、
休憩に最適な麺類などの軽食やお飲み物も用意されています。
また、嵯峨野、嵐山、亀岡の地ビールやワインなどもあります。

嵐山の豆腐料理を堪能しよう!

JR嵯峨嵐山駅前の南口側、駅前通りのローソン前にある「葵」で
揚げ出しセットと湯豆腐セットを注文してみました。

思った以上に京料理がついてきてボリュームがあり、
とても美味しく頂けましたよ。
京都らしくあっさりとした味付けで、バランスのいい食事に大満足です。

京都市内からトロッコ保津峡駅まで

Return Top