ライフスタイル

母の日に贈る花の花言葉を知ると知らないとでは大違い!?

母の日とは
世界中のお母さんに「いつもありがとう」と素直に言える感謝の日。
普段は照れくさくてなかなか「ありがとう」の言葉が言えません。

いつも美味しいご飯を作ってくれてありがとう。
いつも家をキレイにしてくれてありがとう。
家族を明るく照らしてくれるお母さんの笑顔にありがとう。
どんなに心配をかけても、毅然と背中を押してくれる温かさにありがとう。
「あなたの娘で良かった」
面と向かっては言えないけれど、心からそう思っているよ。

母の日にどんなお花を贈りますか?

カーネーション?

最近は、バラやチューリップやガーベラなどのプレゼントも
人気になっています。

お花には様々な色がありますよね。
そして、それぞれのお花には色別に花言葉を持っています。

カーネーションをプレゼントするのが母の日の定番行事ですが、
カーネーションでなくても様々な色があって、とてもきれいです。

ポピュラーな赤、可愛いピンク、ちょっと気になる黄色…。
どれを選ぶかはあなたやあなたのお母さんの好みによると思います。

でもその花の花言葉を気にしたことありましたか?
花言葉の意味を知ると、プレゼントがもっと大きな意味を含んできますよ。

赤いカーネーション
赤いカーネーションの花言葉
一番おすすめの色
「母の愛」
「真実の愛」
「熱烈な愛」
「哀れみ」※母の日にカーネーションを贈る習慣ができる前の花言葉

ピンク色のカーネーション
ピンク色のカーネーションの花言葉
「感謝」
「上品・気品」
「温かい心」

黄色いカーネーション
黄色のカーネーションの花言葉
(できれば避けましょう…)
「軽蔑」
「美」
「嫉妬」
「愛情の揺らぎ」
「友情」

淡い黄色のカーネーションは綺麗でかわいいですが、
ネガティブな花言葉が多いのでなるべく避けた方がいいですね。

お母さんが黄色が大好き、黄色に思い入れがあるのなら黄色でも問題はないでしょうが、
一応花言葉に対してのフォローはしておいた方がいいかも。

白いカーネーション
白いカーネーションの花言葉
(意味は素敵ですが…)
「尊敬」
「純潔の愛」
「私の愛情は生きている」
「愛の拒絶」

尊敬や純潔など、素敵な花言葉ですが、
白いカーネーションは亡くなった母へ贈るものとされています。
ご存命のお母さんに贈るのなら、黄色と同様強い思い入れがある場合以外は避けましょう。

バラその他の花

バラの花言葉

赤・・・「真実の愛」「愛情」「情熱」
白・・・「尊敬」「純潔の愛」
ピンク・・・「感謝」「上品・気品」「温かい心」
黄色・・・「嫉妬」「愛情の揺らぎ」「友情」
紫・・・「誇り」「気品」

チューリップの花言葉

赤・・・「愛の告白」
白・・・「まじめな愛」
ピンク・・・「失われた愛」
黄色・・・「望みのない愛」

ガーベラの花言葉

赤・・・「神秘」
ピンク・・・「崇高美」
黄色・・・「究極美」
橙・・・「神秘」「我慢強さ」

カーネーションは、聖母マリアが十字架に架けられたキリストに涙した後に咲いた花。
そして、カーネーションの中央部の赤色は、キリストの体から散った血の色ともいわれています。

カーネーションという名前の由来

古代ギリシャ時代にさかのぼります。
古代ギリシャ人は、オリンパス山の神々の主神ゼウスに花冠を捧げる習慣がありました。

カーネーションは、その時代、花冠を作るのに欠かせないものでした。
そこで、花輪を意味するラテン語CORONAにちなんでCARNATIONと名付けられたといいます。

そして、母の日の提唱者であるアンナ・ジャービスのお母さんが
カーネーションを好きだったということも
カーネーションが「母への愛の象徴」になった原因の一つなんです。

Return Top