ライフスタイル

母の日の由来|なぜカーネーションなの?

母の日になぜカーネーションなの?
母の日が5月の第2日曜日というのはなぜ?

現在のような日本の母の日の由来は
アメリカの説からきたものだと言われています。

1905年5月9日に亡くなったミセス・ジャービスを追悼しようと、
娘のアンナ・ジャービスが母の好きだった白いカーネーションを
たくさん持って行き、教会でそれを配りました。
・・というのがよく知られたエピソードです。

彼女がなぜ、白いカーネーションを配ったのか?

それは、カーネションの白の花言葉が「亡き母をしのぶ」という意味がこめられていたから。
カーネション自体の花言葉は「母の愛情」ということで、
赤が「健在の母」、白が「亡き母」ということだったのですね。

アンナさんは、多くの人々がもっと母親を大切にできれば・・・という願いを込めて
母親のための祭日をつくる運動を始めました。

しかし、その後、学校のクラスの中で子どもたちが
「赤」に圧倒され、少数の「白」は悲哀をなめていました。

その経験を生かし、
実は、「白」のカーネーションこそが、「亡きが故に知る母の愛」ということで、
涙とともに「母の日」を定着させたのです。

そして後の1914年、その時のアメリカ大統領だったウィルソンが、
5月の第2日曜日を母の日と制定しました。

アンナさんの努力は報われ、
「母の日」の法律が制定され国家的な行事として認められました。

それから約30年後、アメリカの郵政省が記念切手を発売し、
PRに努めたことから、この慣習がひろまることとなります。

母の日の由来とカーネーション

母の日とカーネーションの関係は?

カーネーションは
キリスト教伝説でキリストを見送った聖母マリアの涙のあとに生じた花とされているため
母性愛の象徴とされてきたことに由来しています。

花言葉は、赤は「愛を信じる」
白は「私の愛は生きている」
ピンクは「熱愛」など。

カーネーションは母性愛という抽象的なものを具体化したと言ってもいいでしょう。
まさに大切な母親に贈る花として最適なんですね。

日本での母の日は?

日本で初めての母の日を祝う行事が行われたのは明治の末期頃、
1915年(大正4年)に教会で祝われ始め、徐々に一般に広まっていったと伝えられています。

昭和に入ると3月6日を母の日としていました。
なぜかというと、この日は日本の母である当時の皇后(香淳皇后)の誕生日であったからです。

また、一般に広く知れ渡ったのは1937年(昭和12年)
森永製菓が告知を始めたことがきっかけとなったとも言われます。
現在のようにアメリカと同じく5月の第2日曜日になったのは、
第二次大戦後の昭和24年ごろからです。

Return Top