季節の行事

釈迦の誕生日と花まつり

花まつりの日、美しい花々に飾られた釈迦の像は
「わあ~、きれい!」と幼い子どもに忘れられない感動を与えます。

4月8日、仏教系の幼稚園や保育園では、
今も「花まつり」と称して、釈迦の誕生日を祝う行事が行われています。

仏教の開祖である釈迦の誕生日に、各寺では仏生会(ぶっしょうえ)があり、
花で飾った小堂、花御堂(はなみどう)がつくられ、
金属製の幼仏像をその中にまつり、参拝者が甘茶を誕生仏にかけます。

花まつりは、このように甘茶を潅(そそ)ぐ行事でもあるので、
「潅仏会(かんぶつえ)」とも言われます。

Sponsored Links

「花まつり」と呼ばれるようになったのは明治以降、
「仏生会(ぶっしょうえ)」や「潅仏会(かんぶつえ)」よりも
「花まつり」の名称が優しく美しいので馴染みが深いです。

花御堂は釈迦が生まれた所のルンピニ園の花園を表しています。
仏像にかけられる甘茶は、ユキノシタ科のアマチャや
ウリ科のアマチャヅルを煎じた飲料です。
砂糖入りのお茶というわけではありません。

お寺で参拝のあとにいただけるところもありますが、
麦茶に似た色をしていて
ちょっと甘くちょっとにがく、とろりとした飲みごこちのお茶です。

釈迦の誕生日と花まつり1

花まつりは国民の祝日だった?

お釈迦様の誕生は仏典を元に4月8日夜半とされています。
もともと旧暦の日付なので今は月遅れの5月8日に催す地方もあります。

花まつりは農耕の始まりを祝す意味合いがあったり、
甘茶を母乳と見たてて母性をたたえる日であったりして、
江戸時代には役所は休日、寺子屋は休校と
花まつりは「国民の祝日」的な地位を持っていました。

しかし、現在は仏教系の幼稚園や保育園で子どもたちとともに祝うくらいで、
どれくらいの割合の寺院が花まつりとして遂行しているかは分かりません‥

一般信徒たちの無理解や無関心などが障害になっているかもしれません。
クリスマスや復活祭を大切にされているキリスト教の方のホームページには
「なぜ釈迦の誕生祭行事はマイナーなのだろうか」という疑問が掲載されているそうです。

他教信者でさえ嘆いているようなこの素朴な疑問に
注目する日本国民は果たして存在するのだろうか?

釈迦の誕生日と花まつり2

花まつりのお釈迦様誕生ものがたり

釈迦の父は釈迦族の王、母は磨訶摩耶(マカ・マーヤ)と言います。
マーヤ夫人は35歳の時、
ある夜六つの牙を持つ白像が天より降りて右脇より体内に入る夢を見ました。
バラモンの夢占師に聞くと、インドでは象は聖獣とされているため、
まさに吉夢で、世継ぎ誕生の兆しと告げられました。

マーヤ夫人はまもなく懐妊し、
出産のため里帰りの途中に立ち寄ったルンビニ園の庭で休息中、
無憂樹の花を手で折ろうとしたところ、
右脇の下から釈尊がお生まれになりました。

そして釈尊は生まれた直後に周囲を見わたし
七歩あるいて右手を天に指し左手を大地に向けて
「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と言ったとされています。

この言葉は、
「人間一人ひとりが宇宙にただ一つしかない命をいただいている尊い存在なのだ」
という意味です。

その時天竜が天から下って甘い露を潅(そそ)いだ、
という説話が花まつりの元になっています。

花まつりQ&A

誕生仏への甘茶のかけ方

合掌してヒシャクを手にとり
「南無釈迦牟尼佛ナムシャカムニブツ」を称えながら甘茶をかけ、また合掌します。
これは住職がやっていた作法です。

花まつりにお供え(お金)をするときの表書きはなんと書けばいいの?

仏様にお供えされるので
「御布施」あるいは「御供」です。

「花まつり」で使うお花は?

【Q】こどもが保育園に通っています。
園では、毎年「お花祭り」をしています。
今回初めて「お花のご協力をお願いします」と掲示されていました。
お花祭りのお花とは・・・どんな?
切り花ですか?

【A】お釈迦様へのお供えですから、
仏花として用いない花(臭い花(花ニラなど)・とげのある花)などを避ければ
大抵のものは使えます。
季節の可愛らしい花、ストック、金魚草、キンセンカなどは相応しいでしょう。

【A】仏教系の幼稚園ですが、
『お花があるお家はお花を持ってきてください』と連絡帳にあった時、
近所のお花屋さんで小菊やカーネーションを2本くらい買って預けてやったことがあります。
(みんな持っていくので、子供はどうしても持って行きたいみたいです)
もちろん「切り花」です。

Sponsored Links

日本の冠婚葬祭の多くが仏教系であるにもかかわらず、
21世紀の現在、お釈迦様の生誕祭を知る人は多くありません。
しかし、江戸時代には国民的行事だったのです。

「花まつり」は4月8日、たった1日の催事です。

江戸時代ではメジャ-だった「花まつり」。
花まつりはどこへ行ってしまったのでしょう。
でも、行事がまったくないわけではありません。

たとえば真頂院(北区赤羽3-16)、11時から読経があり、
午後には一般の参拝と潅仏ができて、
甘茶のおすそ分けにあずかれるそうですよ。

Sponsored Links
Return Top