ライフスタイル

ペットの防災と避難を考えたことありますか?

2011年3月11日、マグニチュード9.0の大地震に、10メートルを超える津波が日本列島を襲った東日本大震災。
これに限らず、日本では古くから自然災害によって、毎年尊い命が失われています。

仙台市においては、震災直後から多くのペットの失踪届が出されました。
しかし、ほとんどが行方不明のまま飼い主の元に戻ってきませんでした。

pet-hinan

ペットの飼い主さんへ

人間の防災準備以外にペットの防災は考えていますか?

ペットの小型犬や猫も、キャリーケースに慣れていないと、一刻を争う事態の際に余計な手間をかけてしまうかもしれません。

災害時に大切なペットを守れるのは飼い主さんだけ!
ペットの防災用品も揃えておきましょう。

災害時に大切な家族のペットとはぐれても、探すのをあきらめないでください。
災害時にシェルターに保護された子たちは殺処分されることはありません。
動物たちは、どこかでずっと飼い主さんを待っています。
Sponsored Links

水と食料の準備

ペットボトルの水を準備しておきましょう。
慣れない飲料水は嫌がって飲まなくなることもあるので、たまに少量与えるなどして、味に慣らしておくと良いです。
特に病気やアレルギーの処方食を食べている子は、1~2kgぐらい多めに常備しておくと安心です。

マイクロチップについて

マイクロチップには犬や猫の個体識別番号が記録されており、「日本獣医師会」がその番号と飼い主さんの連絡先を管理しています。
マイクロチップを装着していれば、災害時でも獣医師会が管理しているデータから素早く照合でき、飼い主さんを特定することができるのです。

もし、迷子かなと思う犬や猫を保護した場合、必ず近くの獣医さんにナイクロチップの有無を調べてもらい、ペットちゃんが帰る手助けをしましょう。
その子の帰りを待っている家族が必死に探しているかもしれませんから。

避難時について

動物たちの安全のためにも、一緒に連れて逃げることを最優先に考えてください。

災害時のシェルターの設営には1週間程度はかかると思われます。
猫も係留する場合があるので、ケージやリード等を用意しましょう。
大型犬の場合、連れていくこと自体を躊躇する人が多いようです。

どうしても連れていけない場合

建物が崩れてこない安全な場所に、雨風を防げる小屋・クレート等を設置して犬をつなぎ、3~4日分の餌を与えて避難します。
犬をつないで残すことに抵抗あるかもしれませんが、放すと餌を探し回って行方不明になる可能性が高くなります。
また、飢えた犬が人に近づき、トラブルになることも考えられます。

緊急時こそ、大切な家族であるペットちゃんを手放さないように心を配りましょう。

pet-hinan2

犬のしつけチェック

普段から、しつけも大切です。

  1. マテ 逃げるのを止められる
  2. 来い 名前を呼ぶと戻ってくる
  3. トイレ トイレシートを使える
  4. 無駄吠え 吠えてもすぐに止めさせられる
  5. ひとりで留守番 鳴き続けたりしない
  6. 攻撃性 人や他の動物を攻撃しない
  7. ハウス! クレートなどに入っていられる
Sponsored Links

以下に大切なペットの防災グッズ一覧表をご用意しました。
参考にしてくださるとうれしいです。

pet-bousai

<終わりに>

近くの川沿いの土手に野良猫が20匹ぐらい住んでいます。
食べ物はどうしてるの?って気になりますよね。

それが毎朝、リュックに猫ちゃんたちの餌を入れて持ってくるおばあちゃんが来るのです。

猫ちゃんたちはみんな思い思いのスタイルで、おばあちゃんを待っています。
餌が猫ちゃんたちの前に届いても、みんなの分が揃うまで「まだだよ」って猫ちゃんたちに「おあずけ」を教えます。

一匹が手を出そうものなら、「コラッ!」とおばあちゃんの叱責が聞こえてきます。

「毎朝毎朝、大変だなぁ」と、ジョギンング中の自分は思っていたのですが、あるとき、別の猫ちゃんファンをみつけました。

これなら、猫ちゃんたちが飢えに苦しむことはなさそうです。

Sponsored Links
Return Top