ライフスタイル

豆腐が主食のダイエット夕食

ダイエット法は山ほどあります。

でも、あれこれ試しては、誘惑に負けて挫折していませんか?

スッキリ軽い動きをしたいのに疲労感が残るのは、体重オーバーのせいではないかと、漠然と感じているのに、どう行動していいか、分からなくなっていました。

毎日、お風呂上がりに体重を測っては、ちっとも減らない体重でしたが、ふと、朝食前の体重はどうなのか、気になって測ってみました。

すると、ある事実に気が付いたのです。

Sponsored Links

朝、お腹がすいていればやせる

それは、朝、目覚めたとき、お腹がすいて、胃のあたりが平たい日は、必ずといっていいほど前日より体重が減っていました。

ということは、前日の夕食が、翌朝まで胃に残らないように食べればいいわけです。

当たり前と思われるかもしれませんが、こう決めつけると、ダイエットのマル秘大発見のように感じました。

朝、お腹がすいた状態にする
といっても、朝食ぬきではいけません。

ただ食べないでいることは、一瞬、体重が減るかもしれませんが、必要なエネルギーをとらないと、体は危機感からエネルギーをため込もうとし、必ずリバウンドが待っています。

やはり、健康状態でやせるには、朝・昼・晩の三度の食事は大切です。

食事を抜いたり、極端に減らしてエネルギー補給が不安定になると、万一のエネルギー切れに備えて、体は体脂肪をため込もうとするのです。

ですから、朝食・昼食は抜かず、適度な炭水化物や脂肪を含む食事をきちんととることにしました。

ダイエットには夕食がポイント

朝、お腹をすかせるには、朝食・昼食はさほど問題ではなく、夕食のとり方がポイントになります。

夜は、夕食後は体力的にほとんど活動しません。
ですから、夕食は炭水化物や脂肪を控え、タンパク質をとることにしました。

タンパク源といえば、卵・肉・魚がありますが、これらの食品はタンパク質だけでなく、たいてい脂肪の含まれ、高エネルギーになりやすい性質をもっています。

その点、豆腐は必須脂肪酸などの必要な脂肪分は含まれるものの、タンパク質の量やその働きが勝っています。

touhu

夕食で豆腐を食べると満腹感があるので、夕食のご飯の部分を豆腐に置き換えてみました

夕食の内容に気をつけていると、湯豆腐や冷奴などの豆腐を食べた日の翌朝は、だいたいお腹がペタンコでした。
夕食にお豆腐を食べたときは結構、満腹なのに、朝になると空腹感があるのです。

夕食に豆腐がおすすめな理由は、良質なタンパク質が豊富という点にあります。

豆腐を主食代わりにすると、たいていのメニューは食べても大丈夫です。
この方法ですと、ストレスがなく、楽しみながら続けられます。

やってみれば分かると思いますが、気がついたら「あら、こんなにやせてきた」という感じです。

Sponsored Links

豆腐の水切りテクニック

豆腐をご飯代わりにするのですが、困ったのは水っぽい豆腐のままでは、丼ものやチャーハンには応用できないということでした。

豆腐の水切り方法でそこで考えついたのが、
豆腐をレンジで水切りし、ほぐしてご飯に見立てる方法でした。

たとえば親子丼なら、ほぐした豆腐を丼に盛り、上から親子丼の具をかけるのです。
チャーハンやピラフも同じ方法でできます。
豆腐とは思えない意外な食感で、おいしく仕上がりますよ。

ちらし寿司などで、水切りしてもなお水っぽさが気になる場合は、三分の一くらいご飯をまぜれば完璧です。

<豆腐の水切りテクニック2種>
1.たたんだキッチンペーパーに豆腐をのせて、レンジで6分温め、そのあとザルにのせて10分ほど放置します。

2.フタをとった水切り容器に豆腐を入れて、レンジで6分温め、そのあと10分ほど放置します。

<終わりに>

やせたいからと、ダイエットのために朝食や昼食を抜くのは逆効果です。
朝食を抜くと、昼食でドカ食いしがちです。

朝食には活動するエネルギーが得られるように、炭水化物や脂肪も適度にとることが大切です。
とくに朝食は脳や筋肉のエネルギーとなる炭水化物(ごはんやパン、麺類など)をとります。

また、ゆっくり食べると、脳の満腹中枢が刺激され、食べ過ぎが防げます。
朝は時間がないからと、急いで食べる傾向がありますが、10分間かけて食べてみてくださいね。
トータルすると時間はそんなに変わらないです。

また、昼食は朝食から3時間以上たってからいただきましょう。
3時間以内だと、朝食が消化しきれないうちに昼食となり、体脂肪が増える可能性があるので要注意です(汗)。

Sponsored Links
Return Top