レポート提出の意味とコツ

大学通信教育レポート提出までの道案内

通信教育のレポートを書くのは自宅が多いと思います。しかし、そこが盲点。
自宅は教室の緊張した雰囲気がないので、つい油断しがちです。

私たちは「レポートを書く」という作業を、
その書き方を教わったこともありませんし、
教わろうという気持ちもありません。

ただ「なんとなく」書いた文章は、
論理があいまいだったり、主張が無かったりします。

そこで、学習計画を立てましょう。
レポートを書く以前の計画として
卒業資格の単位数を把握するわけです。

大学の卒業要件は124単位です。
(学科目の修得単位数の合計)
そのうち30単位以上をスクーリングで修得することが必須となります。

入学したばかりなのに、
なぜ卒業のことを考えるのかというと、

目標となる卒業の攻略方法を考えなければ、
時はどんどん過ぎて行くからです。

Sponsored Links

大学の1単位とは

45時間分の学習内容が1単位です。
1単位の内訳は、15時間の講義と30時間の自宅学習。通信教育では、
講義に当たるのがテキストとなります。

テキストはA5判75~100頁と定められています。

つまり、通信教育の学習形態は、
「1単位あたり100頁位のテキストを読み、
力だめしの課題があれば取り組み、
レポートを作成して大学に郵送する」
までが45時間ということです。

卒業要件を満たす124単位は、例えば4単位の科目で
2ヶ月から2ヶ月半の学習単位となり、
スクーリングの30単位と合わせると、
ほぼ4年間で所定の学習を完了する計算になります。

通信教育の利点

通信教育の良いところは
自分の好きな時間に学習できること、

しかし、裏をかえせば自分ひとりの勉強です。

大学通信教育レポート提出までの道案内

最初の学習形態は2つ

  1. 自宅に配布されたテキストに沿って学習します。
  2. 各教科ごとに課題があるので、課題に沿ってレポートを作成して郵送します。

レポートの作成方法がわからない

見慣れない原稿用紙にレポートを書くのですが、どう書いてよいか、
書き方すらわかりません。

そんなとき、
同じ科目の合格レポートを参考にします。
(慶友会で友達になった人から借ります)

みんな、同じ道を歩んでいるので、
レポートのコツや書き方が手に取るように分かりやすいです。

でも、油断すると落とし穴もあります。
あまりに素晴らしいレポートは、
ついついコピーしたくなりますよね。

しかし、コピーしたレポートは受験資格が剥奪されます。参考程度に活用しましょう。

レポート課題をよく考え、自分の考察を
レポートにまとめるようにしたいのですが・・仕事の疲れが出てすぐ眠くなります。

そこで考えたのが、早朝作戦です。
早朝作戦

レポート作成は早朝作戦

レポートを書くとき、一日のうちであなたはいつ書こうと思いますか?
一般的に考えると、就寝前に行うのではないでしょうか。

私がオススメしたいのが、早朝作戦です。
いつもは7時か8時以降に起きるあなたが、午前4時に起きるのです。
まず、トイレで用を足してから、
コップ1杯の水またはお気に入りのジュースを飲んでください。
それから、レポート作成に取り組みます。

これが作戦の原型です。

でも、最初のうちは起きられません。
まず午前6時→5時30分→5時と、だんだんと起床時間を早めていきます。
早朝の頭脳って、自分でもびっくりするくらい目覚めが良く、テキストに集中しやすく、
テキストの要点が何なのか、
何を表現しようとしているのかが
理解しやすくなります。

当然早起きするのですから、
就寝時刻を早くするのが普通となります。

例えば、4時に起きるなら、
遅くとも22時を就寝タイムとしなければならないのですが、
不思議なことに、
レポート作成に夢中になってくると、
23時に就寝しても4時に目が覚めるようになってきます。

そして、時々はぐっすり7~8時間以上の睡眠をとる方法や、
昼寝を1~2時間とる方法など、
あなたなりの一番よいと思う睡眠のとり方が、
自然にかたまってくるようになります。
これで大丈夫です。

この早朝勉強方法は、
科目試験当日の朝にも役に立ちます。

要するに、一夜づけしないで、早朝バージョンで頭の中につめこむ方法です。

Sponsored Links

科目試験の申込み

レポートを郵送したら、
科目試験の申し込み資格が発生します。

なぜなら、レポートの合否結果が出る前に、
試験日が来ることもあるからです。

レポートを提出すれば、
その科目の試験を受けることができます。

レポートの評価はA・B・C・Dの4段階で返送されてきます。
A・B・Cの評価は合格、4段階の一つ「D」が不合格で、レポートの再提出となります。

レポート郵送までのまとめ

  • テキストを読みレポートを書く
    書き方がわからないときは
    慶友会のお友達の合格したレポートを拝見させてもらう
  • 科目試験の申込みをする
    提出したレポートが戻ってこなくても
    そのレポート科目の試験を申し込む

まずは、レポート提出。
書き方が不安でも、郵送してみましょう。
提出科目や添削される教師によって
採点後に返送される時間は異なります。

とりあえず、レポートを提出したので、
科目試験の受験資格ができました。

あとは、科目試験の受け方に移行します。

Sponsored Links
Return Top