ライフスタイル

水虫とかかとのひび割れの関係

水虫が原因で、かかとのひび割れができている場合があります。

かかとの角質が分厚くなる症状は
水虫であることも考えられるんです。

水虫の場合、
保湿クリームで角質ケアをするとかえって症状が進行していくこともあります。

かかとのひび割れを引き起こす水虫は、「角質増殖型」水虫と呼ばれるもので、
足の指の間に生じる水虫に比べると、
治療が長時間になってしまうことも多いです。

かかとのひび割れが、水虫によるものであれば、水虫用の塗り薬や飲み薬で
根気よく続けることが唯一の確実な治療となります。

Sponsored Links

水虫とは

水虫とは皮膚がふやけてきて、はがれてくる皮膚病の総称です。
この症状が足白癬によるものが多いため、
水虫=足白癬と考えられることもあります。

足白癬とは皮膚糸状菌というカビ(白癬菌)が皮膚の角層に入りこんで、
増殖している現象で、足以外にも感染することがあります。

カビは高温多湿が大好きなので、
梅雨や夏季になると、症状が悪化してそれを繰り返すのです。

しかし、水虫の原因が白癬菌とは限りません。
水虫が白癬菌によるものかどうかは、患部を検査して初めて決まります。
検査では普通カセイカリ鏡検法が用いられ、
検査材料を取るときの痛みもなく、検査結果は10分ほどでわかります。

また、皮膚科医によっては水虫=足白癬と考えられているため、
水虫の治療に皮膚科を受診しても、本当は足白癬ではなかったのに、
足白癬の治療をされたため、水虫が治らないというケースもあります。
水虫とかかとのひび割れの関係

水虫の歴史

医学的に水虫が確認されたのは、
欧米では19世紀の終わり頃とされており、
1890年代になって初めて水虫の研究がスタートしました。

水虫が「カビ」によって起こる病気であることがわかったのは、1910年のことです。
日本では大正7年(1918年)、東京大学皮膚科教授の太田正雄博士が
水虫の原因菌である「白癬菌:ハクセン菌」と呼ばれるカビを
分離培養したのが始まりとなっています。

水虫は軽視されがちですが・・

水虫の治療に皮膚科に訪れる患者の10%を占めているにも関わらず、
治療に根気がいるうえに治りにくいため、
この治りにくさが、皮膚科医自身の治療に対するモチベーションを下げていると思われます。

また、水虫になって長く経つと、かゆみなどの症状が少なくなってくるので、
皮膚科医にとっても診断をくだして薬を処方して終了、ということになりがちです。

水虫は命にかかわる病気でないため、軽視されがちです。
「白癬菌と人間」というそれぞれの生物が、知らず知らずのうちに互いに干渉しあいながら、
共存関係を保っている状態とも言えます。

Sponsored Links

塗り薬は病変部のまわりにも塗る

薬を塗る範囲がいちばん重要です。
たいてい、菌はその範囲を超えて広がっています。
目に見える炎症部分だけに薬を塗っていては中途半端な治療です。

塗り薬は足の裏全体に塗ってしまってもかまいません。
薬を塗ったあとは、そのままにしておいても大丈夫です。

薬がべたつくことで治療を断念する人もいます。
しかし現在は軟膏や液体ものなど、いろいろな型の薬があるので、
根気よく治療を続けるためにも使いやすい薬を選びましょう。

一週間で改善が見られない場合

適切な薬を使えば、かゆみなどの不快な症状は数日で軽くなっていくのが普通です。
一週間以上経っても症状が一向に軽くならなかったら、
薬が合っていないと考えられます。

治療の過程でかえってかゆみが増す場合は、
使用した薬にかぶれている可能性があります。

すぐに医師に相談して、より適切な薬を処方してもらいましょう。

Sponsored Links
Return Top